対話力強化講座の具体的内容

講座は ①メインコース ②習熟コース ③応用コースの3つから成り立っています。 


①対話力強化講座 メインコース

「こうすると 話し合いがまとまりやすい」ということを体系的に学びます。

●当社の研修体系の土台を構築しているコースです。

●完成度が高く、このコースを受講するだけで十分な効果が得られます。

●一回あたりの適正受講者数は12~36名です(48名まで可能)。

●受講者が3名以上集まればインハウスでの提供を承ります。

●公開講座で実際に受講することができます。⇒公開講座開催日程

●価格は、一人38,000円(日本) 2,500元(中国)です。(税別)

 

 

1.はじめに

①講座の目的・位置づけ

②自分の現状を省みる

③対話を回すために必要なこと(全体像)

 

2.対話を回すために必要な各項目の理解

①基本的な配慮をする

②興味・関心・問題意識をもつ

③相手の頭の中を想像しながら質問する

④ゆったりと話につき合ってあげる

⑤相手の立場になって親身に話を聞く

⑥考えを深めるための題材を提供する

 

3.働きかけ・問いかけに関する具体的なノウハウ・テクニック

①話しやすい雰囲気を作る

②聞きたいことの主旨を問いかける

③話し出しやすい質問から始める

④聞きたいことを、どんどん話させる

⑤会話を活性化させるための題材を提供する

⑥しゃべり過ぎたと後悔させないようにする

 

4.演習

①「相手の取り上げたいこと」をテーマにして対話を回す(相手につき合ってかみ合わせる)

②「自分が取り上げたいこと」をテーマにして対話を回す(相手に負荷をかけて対話を回す)

 

5.活用について

①今日学んだことの総括

②効果を上げるために受講後に取り組むべきこと

③ステップアップについて

 

6.最後に


②対話力強化講座 習熟コース

メインコースで学んだプロセスを、習熟に至るまで徹底して演習するコースです。

●習熟することで、提案・指導・説得するプロセスにスムーズにつながるようになります。

●少人数(6人まで)で、講師が自ら手本を示すとともに、一人一人に手厚く指導します。

●メインコース修了後半年以内の受講がお勧めです。

●少人数なので、ブランクのある方も丁寧にフォロー。安心してご受講いただけます。

●価格は、一人38,000円(日本) 2,500元(中国)です。(税別)

 


③対話力強化講座 応用コース

ロジカルシンキングの手法を取り入れて、「考えさせる」プロセスを強化するコースです。

●課題解決に向けた道筋を共有するように対話を進めていく、きわめて実践的な内容です。

●対話には人を動かす強い力があることが実感できます。

●対話しているうちに、相手がやる気になって、自主的、協力的に動いてくれる感覚がつかめます。

●話す⇔聞くを連動させながら ストーリーを共有するように対話を進めていくので、話す力も向上します。

●少人数(6人まで)で、講師が自ら手本を示すとともに、一人一人に手厚く指導します。

●メインコースを受講すれば参加できますが、習熟コースを修了してからの受講をお勧めしています。

 


 当社へのご連絡、お問い合わせは、連絡フォームをご利用ください。

ビジネスパーソン向け 対話教育の専門企業 クロスロード株式会社